若竹の“夏詣酒” 

 

若竹の“夏詣酒”を飲みました。









若竹の“夏詣酒”は、島田の大村酒造所が6月30日に発売した、期間限定の純米吟醸生原酒です。

先月、近くの“マツキヤ酒店”に寄った時に、発売を知り予約してきました。

7月1日に受け取り、今日試飲しました。

“夏詣酒”とは、今年度後半の“夏越しの大祓い”を願ったお酒の様です。

大井神社の御札とお酒には福銭の“五円玉”が付いていました。

お酒は、チョット甘口で飲み易いお酒でした。








『若竹の夏詣酒』   四合瓶です。 ¥1,600でした。
夏詣酒



『夏詣酒の説明と御札』
大井神社御札



『夏詣酒試飲』   飲み口の良い美味しいお酒でした。
夏詣酒試飲


category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

初亀の純米吟醸“粋囲” 

 

初亀の純米吟醸“粋囲(いきがこい)”生酒を飲みました。









先日いただき、今日飲んでみました。

最初、初亀の新製品か?と思いましたが、何時も通る、岡部の酒蔵には何にも書いてなかったし・・・・

やはり、この“粋囲”は、ヴィノスやまざきとのコラボ商品でした。

箱、ラベルとも中々お洒落なデザインです。

飲んでみた所、フルーティーさは押え気味ですが、スッキリとした辛口のお酒でした。







『粋囲箱』
初亀箱



『粋囲』
粋囲



『裏書き』  酒米は、静岡県産の“誉富士”です。
裏書き


『粋囲試飲』  スッキリとした辛口のお酒でした。
粋囲試飲





category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

初亀の“無濾過生原酒” 

 

今日は、岡部の“初亀酒造”の無濾過生原酒の発売日です。










夕方、予約してあった、丸子の“マツキヤ”に取りに行ってきました。

“無濾過生原酒”と言う事で、今朝詰められたと思います。

とにかく、このお酒は、10日以内に飲んで欲しいとの事です。

早速夕方いただきました。

おりがあり、うす濁っています。

口に含むと、発泡性があり、舌がピリピリします。

お刺身をつまみにいただくと、幾らでも飲めそうです。




今日は、台風の様な大雨の後のせいか、“夕焼け”が綺麗でした。







『"無濾過生原酒』
無濾過生原酒




『裏書き』  酒米は、富山産です。
無濾過裏書き



『無濾過生原酒製造年月』  製造年月は、今日です。
無濾過生原酒製造年月



『無濾過生原酒賞味期限』  10日間です。
無濾過生原酒賞味期限



『無濾過生原酒試飲』  口に含むと、舌にピリピリと来ます。
無濾過生原酒試飲



『夕焼け1』
夕焼け2



『夕焼け2』
夕焼け1





category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

若竹の“立春朝搾り” 

 

若竹の“立春朝搾り”を飲みました。








今日は、“立春”です。

今朝、搾ったばかりの若竹の“立春朝搾り”を予約した酒屋に取りに行ってきました。

若竹は、島田市にある“大村屋酒造場”のお酒です。

“立春朝搾り”も早い物で、今年で二十周年との事です。

純米吟醸の生原酒との事で、口に含むと“ピリピリ”発砲感が感じられます。

フルーティで飲み口が良いため飲み過ぎてしまします。






『立春朝搾り』   今年は、いつもの福銭と二十周年のラベルが付いていました。
立春朝搾り



『試飲』  フルーティーで美味しいお酒でした。
試飲」




category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

初亀の“おりがらみ” 

 

初亀の“純米吟醸おりがらみ”を買ってきました。









年末は、恒例の毎年予約している、大吟醸“亀”の受取に岡部の“初亀醸造”へ行きます。

“亀”を受取、ショウケースを見ていると、“おりがらみ”があり、4合瓶を買ってきました。

早速、いただきましたが、口に含むと少し発泡性を感じます。

初亀醸造のお酒は、大吟醸、吟醸でも水っぽく無く強さを感じる所が好きです。

後は、大吟醸“亀”は何時飲もうか考えています。






『初亀醸造』
初亀酒造



『おりがらみ』  4合瓶で、税込¥1,728でした。
おりがらみ



『裏書き』
おりがらみ裏書き



『おりがらみ試飲』   おりで薄らと濁っています。
おりがらみ試飲




category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top