旭鳳酒造の“三女神之酒” 

 

広島土産の日本酒は、旭鳳酒造の“三女神之酒”と言う純米吟醸でした。











いつもお土産で買って来てくれる日本酒は、販売元が“参匠”と言うお店です。

外観は、宮島土産風?ですが、お酒は何れも美味しく、いつも楽しみにしています。

今回は、オーナーがお薦めの1本を選んでくれたそうです。

今回のお酒は、旭鳳酒造の“三女神之酒”と言うお酒でした。

日本酒度は5度、酸度は1.9と辛口の部類になるのでしょうか?

アルコール度は、16度以上17度未満となっていますが、飲み口はフルーティーで美味しいお酒でした。









『三女神之酒(さんひめのさけ)』
三女神之酒



『裏書き』  酒米の“八反錦”は広島の酒米の様です。
裏書き



『試飲』   今回もフルーティーで飲み口の良いお酒でした。
試飲





category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

天領酒造の“杜氏の持ち帰り酒” 

 

天領酒造の“杜氏の持ち帰り酒”をいただきました。












天領酒造は、下呂の萩原のある酒蔵です。

“杜氏の持ち帰り酒”は杜氏が気に入ったお酒を家族または自分が晩酌に飲むお酒と言う事で名付けた様です。

冷蔵庫で冷やしていただきました。

飲み口はと言いますと、日本酒度は+3度と言う事で、“やや辛口”のお酒ですが、口に含むと甘い麹の香りが口の中一杯に広がります。

飲み口の良い美味しいお酒でした。







『杜氏の持ち帰り酒』   吟醸純米酒です。
持ち帰り酒



『試飲』   ギンギンに冷やしいただきました。
試飲



『裏書き』   酒米は、“ひだほまれ”を使っている様です。
裏書き



『ぐい飲み』  結構色がついているのがわかります。
ぐい飲み





category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

国盛の純米大吟醸“彩華” 

 

中埜酒造「國盛」の純米大吟醸“彩華”を飲みました。












先日、お土産に貰った、純米大吟醸“彩華”を開けました。

“彩華”の日本酒度は+1.0位との事ですので、辛口でもなく甘口でもない普通です。

飲み口はフルーティーで飲み易く、値段も手頃で家飲みには丁度良いお酒です。







『純米大吟醸“彩華”』
彩華



『ラベル』
彩華ラベル



『試飲』  飲み口は、可もなく不可もなく美味しいお酒でした。
彩華試飲



category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

國盛のしぼりたて生酒 

 

國盛のしぼりたて生酒をいただきました。











先日、家族が半田市にある、中埜酒造の“國盛酒の文化館”を見学した際に土産に買って来てくれたのが、このお酒です。

生酒でも、“純米大吟醸生原酒”で、ここでしか売っていないとの事でした。

クール宅急便で届き、早速今夜いただきました。

しぼりたて原酒と言う事で、ぐい飲みに注ぐと少し澱があり、甘い美味しそうな匂いがしました。

飲んでみると、アルコール度の強さを感じる物の、フルーティで飲み口の良いお酒でした。

女性でも飲み易い、力強いお酒でした。









『國盛しぼりたて生酒』
國盛箱



『國盛しぼりたて生酒』
國盛



『裏書き』  アルコール度は、17度とかなり高めです。
裏書き



『試飲』  飲み口が良く、飲み過ぎてしまいます。
試飲





category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

ふじの井大吟醸 

 

ふじの井大吟醸を飲みました。










ふじの井酒造㈱は、新潟県新発田市にある蔵です。

ここの蔵は、新潟出身の漫画家「高橋留美子先生」とコラボした、「めぞん一刻」「うる星やつら」「らんま1/2」のお酒を発売している事で有名です。

ここの大吟醸を先日いただき、今日飲んでみました。

飲み口は、思ったよりスッキリとしていて飲み易いお酒でした。

裏書きに、日本酒度等は書いてありませんでしたが、端麗辛口でしょうか?








『ふじの井大吟醸箱』
ふじの井箱



『ふじの井大吟醸』
ふじの井



『裏書き』
裏書き



『試飲』
ふじの井試飲






category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top