海鞘(ホヤ)の“串焼き“と“酢の物“ 

 

海鞘(ホヤ)をいただき、“串焼き“と“酢の物“を作りました。











海鞘(ホヤ)を沢山いただき、さてどうして食べようかとインターネットで検索し、“串焼き“と“酢の物“を作る事にしました。

さばくのも初めてでしたが、“YouTube”で動画を見ながら何とかさばきました。

とにかく、さばく横からかなりの“潮の香り”でした。

串焼きは、軽く塩を振り、串の部分にアルミホイルを巻いたのですが、見事に“炭”になっていました。

さて、味はと言うと、好き嫌いの分かれる味でした。

冷酒に合いそうでした。

見た目が、ホルモン焼きに見えますが、身は柔らかく食べ易いです。

一方、“酢の物“はと言うと、こちらの方が食べ易いかもしれません!

土佐酢にしましたが、甘酢の方が美味しいかもしれません!









『海鞘(ホヤ)』  見た目はかなりグロテクスです。
ホヤ



『串焼き前』  ホルモン焼の様です。
串焼前



『串焼き後』   身は見た目よりもかなり柔らかい。
串焼後



『酢の物』  土佐酢で作りました。
酢の物





category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

真竹の筍の“筑前煮” 

 

真竹の筍で、“筑前煮”を作りました。










今日は、久しぶりに山へ、“ミツバチ”と“スイカ”、“カボチャ”の育ち具合を見に行きました。

残念ながら、“ミツバチ”はサッパリです。

今年はもうダメでしょうか?

“スイカ”、“カボチャ”は順調に育っていました。

山に、真竹の筍が出ていたので採って来ました。

前回は、ツナ缶で煮てみました。また、みそ汁も作ってみましたが、人気がありました。

今回は違うものをと、“筑前煮”を作ってみました。

彩り良く作ってみました。







『真竹の筍』  今年もそろそろ終わりでしょう!
筍



『収穫』   知り合いにお裾分けし、これが我が家の分です。
収穫



『筑前煮』   レンコンを入れ忘れました。
筑前煮





category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

“そら豆と海老のかき揚げ”とコノスル 

 

先日いただいた、“そら豆”でかき揚げを作りました。










先日、エンドウと一緒にいただいた“そら豆”は新鮮なうちに冷凍保存しておきました。

今日、“かき揚げ”を作る為に解凍し、皮を剥きました。

揚物は、あまり得意ではありませんが、チャレンジする事にしました。

“かき揚げ”の材料は、そら豆、海老、玉ねぎ、人参にしました。

一緒に、子供のリクエストで“カボチャのかき揚げ”も作ってみました。

まずまずの出来で、“そら豆と海老のかき揚げ”、“カボチャのかき揚げ”が完成しました。

今夜のアルコールは、久しぶりに“白ワイン”にしました。

以前買った、自転車のラベルの“コノスル”を開けました。

“コノスル”のシャルドネです。







『そら豆と海老のかき揚げ』   奥は、カボチャのかき揚げです。
そら豆と海老のかき揚げ



『コノスルシャルドネ』
コノスルシャルドネ



『裏書き』
裏書き



『コノスル試飲』
試飲






category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

豆ごはん 

 

“実えんどう”で豆ごはんを作りました。










先日、知り合いから“実えんどう”と“そら豆”を沢山いただきました。

今日、“実えんどう”で豆ごはんを作りました。

15本程、サヤから実を取り出し、塩ゆでします。

ごはんは、塩を入れ炊きます。

炊きあがりに、先ほど塩茹でしたえんどうを混ぜるだけです。

豆ごはんは“春の味”で美味しい。








『実えんどう』  15本程、サヤから外すとこれくらいの量になります。
実えんどう



『実えんどうの塩ゆで』  塩を入れ、サッと茹でます。
えんどうの塩ゆで



『豆ごはん完成』   塩味が美味しい“豆ごはん”です。
豆ご飯





category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

筍の塩漬け 

 

筍の塩漬けを作りました。









今年は、全国的に“筍”は不作の様です。

3月の天候不順の影響でしょうか?

私の借りている山では、5月に入りそこそこ採れました。

以前、“筍”の保存に挑戦し、ことごとく失敗しました。

瓶詰め、干筍、塩漬け等やってみましたが、満足出来ませんでした。

親戚の家で教わり、再度挑戦してみる事にしました。

茹でた“筍”に塩をまぶし、良く浸透させてからタッパー等に入れ、常温で保存します。

心配なので、一部冷蔵庫で保存する事にしました。










『筍に塩をまぶす』    抗菌効果のある“ゼラミック”のポリ袋を使用。
筍塩



『タッパーへ詰めます』  
タッパー用



『タッパー』
タッパー用蓋付き



『冷蔵庫用』  全滅しない様に、一部冷蔵庫で保存。
冷蔵庫用



『冷蔵庫へ保存』
冷蔵庫用蓋付き





category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top