3HKのリチャージバウチャー 

 

3HKの“リチャージバウチャー”をAmazonに注文しました。










久しぶりに、SimFreeの“iPhone”を充電し、データの残高確認をしました。

まだ、80HKD程、残っていましたが、有効期限が切れそうです。

有効期限は、4月15日までで、それまでに香港に行くか、“リチャージバウチャー”でチャージするしかありません!

チャージすれば、180日期限を延ばせます。

4月15日までに、香港に行けるかわかりませんので、“リチャージバウチャー”を探す事にしました。

Amazonに¥2,100で売っていました。

HKDのレートが、¥15とすると、チョット高めですが、注文しました。

今度、香港に行ったら、買ってこようと思います。

3HKの“リチャージバウチャー”は日本でも、チャージ出来るので便利です。

ただし、“リチャージバウチャー”には、有効期限がある様です。

何れくらいの有効期限なのでしょうか?

とりあえず、“リチャージバウチャー”が届いたら、チャージしておこうと思います。










『3HKからのSMS』 まだ、80HKD分残っていました。
iphone画面



『Amazonで注文』
amazon



『iPhoneと“リチャージバウチャー”』  “リチャージバウチャー”は以前チャージした物です。
リチャージバウチャー



『リチャージバウチャーの裏面』   有効期限が書いてありました。
リチャージバウチャー裏





category: 香港

tb: 0   cm: 0

△top

3HKのプリペイドsimの追加チャージ 

 

香港3HKのプリペイドsimの追加チャージをしました。










今回の香港旅行中に現地で、“iPhone”のプリペイドsimのチャージをしました。

以前買った、プリペイドsimと一緒に買った“リチャージバウチャーカード”で$100チャージしてみました。

やってみると、作業は簡単で、“リチャージバウチャーカード”の裏面を削り、16桁の数字を確認します。

“iPhone”から##105*[16桁のバウチャーの番号]#を発信するだけです。

すぐにSMSでチャージできたとの連絡が来ます。

今回は、残高は$117.79となりました。

しばらくしてまたSMSが届きました。

今回は、$100チャージしたので、ボーナスが$10付いたとの事でした。

ちなみに、$200の場合は$50、$300の場合は$100のボーナスが付く様です。

今回のチャージで、有効期限が180日延びました。








『iPhoneとバウチャー』  
iphoneとバウチャー



『チャージ』    思ったより簡単にチャージ出来ました。
チャージ




『ボーナス』   高額チャージの方がお得です。
ボーナス






category: 香港

tb: 0   cm: 0

△top

HKIA 

 

 “HKIAカード”の申請受付が終了していました。

 

 

 

 

 

6月22日〜24日にかけ“香港”へ行き、“e道”の申請をしてきました。

 

 

無事、申請が終わり、パスポートにバーコードを張ってもらいました。

 

 

24日に日本へ帰る時、“e道”を使い、出国出来たのですが、あえて通常の出国をしました。

 

 

これは、目的がありました。

 

 

通常は、1年間に香港へ3回出入国し、パスポートの写しと3回出入国した証拠にパスポートのはんこの部分のコピーを提出し、“HKIAカード”を取得し、その後、顔写真、指紋の登録をし、“e道”を通過出来るバーコードをパスポートの裏へ張ってもらいます。

 

 

欲張って、“HKIAカード”も取得しようと、パスポートにはんこを押してもらう為に通常の出国処理をしました。

 

 

家に帰り、パスポートのコピーと今年、香港へ行った証拠のパスポートの印鑑部分を3回分スキャナーに取り、いざ、ネット申請をしました。

 

 

所が、ネットに載っていた申請方法でうまくできません!

 

 

色々、調べてみると、どうも6月8日付けでネットでの申請ができなくなった様です。

 

 

これからは、“HKAIカードホルダ−も“e道へ誘導する様です。

 

 

HKIAカード”の取得は、諦め、次回の“香港入出国時”には、“e道”を通過しようと思います。

 

 

 

 

 

『幻のHKIAカード』

 

 

 

 

category: 香港

tb: 0   cm: 0

△top

英語を覚えたい! 

 

 旅行で使える“英語”を覚えたい!

 

 

 

 

旅行から帰って来るといつも思う事です。

 

 

英語”を流暢に話せたら、もっと旅行が楽しくなるのになと!

 

 

今回は、個人旅行でツアーの様に、ポイントーポイントでガイドの案内が無く

、全て自分がやらなければなりません!

 

 

トラブルがあったらどうしようと、不安な旅行でした。

 

 

でも、無事何とか帰ってきました。

 

 

英語が出来なくても何とかなってしまうからです。

 

 

 

ちなみに、今回の旅行で使った“英語?”はこんなものです。

 

 

 


 

 

Beer   → 飛行機でビールを貰う時

 

 

BP INTERNATIONAL HOUSE  Please!

                                              →  タクシーでホテルに向かう時、メモを見せながら

 

 

check in please!  →  ホテルにチェックインする時にパスポートと予約票を見せながら

 

 

exchange please!   → 両替する時

 

 

small monay please!   →  小銭が欲しい時

 

 

where is “yamucha”restaurant →  ホテルの飲茶のお店にたどり着けなかった時

 

 

this one →  注文する時に指差しながら

 

 

check please!  → 食べた後、勘定をする時(空中で字を書くふりでも)

 

 

OK?  →  支払いが良かったか確認する時

 

 

check out please!  → ホテルをチェックアウトする時

 

 

Kowloon station please!  →  タクシーで九龍駅に向かう時

 

 

 


 

 

 

こんなもんでしょうか? 使った“英語?”は

 

 

いつもこんな感じで、済んでしまうので・・・・

 

 

『香港国際空港』  デルタ航空の飛行機

 

 

 

 

『香港の街角』 MTR佐敦(ジョーダン)駅近くの交差点

 

 

 

 

 

category: 香港

tb: 0   cm: 0

△top

HongKong Ⅲ インタウンチェックイン 

 

 今日はいよいよ帰る日です。

 

 

 

HongKong 〈 4日目〉 

 

 

 

飛行機は“HongKong”8:00発成田空港行きDL638です。

 

 

朝は、4:00起きで5:00にホテルを出発です。

 

 

ホテル前でタクシーを拾い、“九龍”駅へ。

 

 

ネットの書き込みで、“HongKong”では“インタウンチェックイン”と言って

九龍”駅と“香港”駅でチェックインが出来ると書いてありました。

 

 

デルタ航空に事前に問合せしましたが、知らないとの事でした。

 

 

再度、成田空港で確認しましたが、同様に知らないとの事でしたが、ありましたデ 

ルタのマークが。

 

 

さすがに、地元の航空会社“キャセイパシフィック”は6カ所ほどカウンターが開

いていました。

 

 

デルタ航空は、4社ほどの共同カウンターでしたが、ありました。

 

 

これであとは、空港に向かうだけです。

 

 

昨夜から、胃の調子が悪く朝食を食べる事無く、飛行機へ。

 

 

機内で、フライトアテンダントに横になれる席は無いかと聞いたところ、本日

は空席が100席程あるので大丈夫との事でした。

 

 

隣の4席が空いている様なので、座っていた所、先ほどのフライトアテンダント

が3席つながって空いていると探して来てくれました。

 

 

結局、隣の4席を独占する事になりました。

 

 

今回の旅は、色々と不安な事が多くありましたが、トラブルを望んだ訳ではあ

りませんが、あっけない程全くスムースに進み、無事に帰ってくる事ができ

ました。

 

 

 

『インタウンチェックイン』   九龍駅で。

 

 

『23番ゲート』  7:00近くなのに外は真っ暗です。

 

 

 

『機内食』 オムレツでしたが、食べられませんでした。

 

 

『成田空港にて』  荷物を受取、無事帰ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

category: 香港

tb: 0   cm: 0

△top