初亀の富蔵 

 

初亀の“富蔵(トミゾウ)”です!


今日は、穏やかな日和と思っていましたが、夕方から急に冷え込み静岡では、
珍しく“風花”が舞って来ました。
今日は、最後の私の最後の“仕事”、。初亀さんへ・・・・
“あらばしり”にしようか迷っていると、『富蔵』発見。
今に時期にあるのはめずらしい!即ゲット。

富蔵は純米吟醸の造りで同じ純米吟醸でも一番できの良いお酒にこの名前が
つけられると言われています。年に2回出荷の限定品となっており、香りが高く、
ふくよかで豊かなコクを感じます。
ちなみに『富蔵』とは、初亀酒造の代々の社長の襲名だそうです。

会計を済まして、出ようとすると『大吟醸の酒かす』を発見。
今日、だしたばかりとの事。
大吟醸の酒かすで作った『甘酒』は本物より旨い!

  
来年も『良い年』でありますように!



富蔵』     純米吟醸酒     1.8l ¥3,900円          
          このお酒は、売っている店(取扱店)が限定されていて、扱うには、
          色々、制約があって蔵元の近くでも置いてありません。                                    




『大吟醸の酒かす』    酒かすと言って馬鹿に出来ません!    
                甘酒で大吟醸『亀』?を味わえます! ¥250円



category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

大晦日の富士山 

 

久しぶりの富士山を紹介します。

全国的に、冬型の気圧配置が強く、北日本から西日本までの日本海側で、1月1日に
かけて大雪になるとして、気象庁が警戒を呼び掛けているようですが、今日の静岡は、
気温も下がり、少し風がありますが比較的穏やかな『大晦日』です。
車で、出かけた時、写真を撮りました。



大晦日の富士山』   山頂は風が強そうです!  12/31 10:22 “イトーヨーカドー”屋上より



category: 富士山

tb: 0   cm: 0

△top

仏手柑 

 

『仏手柑(ブッシュカン)』をいただきました。


本で見た事はありましたが、『仏手柑』の実物をはじめて見ました。
釈迦の生まれた国、インド東北部原産だそうです。
仏手柑』は結実するときに果肉の下部が分裂して生長し、まるで手の指のよう
な形になる。
伊予柑に似た良い香りがするが、食べる部分はほとんどないので観賞用。
名前からしてもおめでたい名なので、お正
月によく玄関に飾られるそうです。

磁器で名高いマイセンの模様、「オニオン」は一説によると、有田焼に描かれ

いたこの『仏手柑』をマイセンの職人が真似して描いたものが、
どう間違えたの
かタマネギになってし
まったそうです。

今年の正月は玄関に飾ろうと思います。ご利益がありますように・・・・




『仏手柑』    これでも蜜柑の仲間です。




category: 小さな果樹園

tb: 0   cm: 0

△top

富山の『風の盆』 

 

富山福鶴酒造の『風の盆』を飲みました。


お土産で、純米酒「風の盆」をいただきました。このお酒は、有機栽培米コシヒカリ
100%使用となっています。
富山のお酒は初めてですが、結構芳醇な香りと深いコクのあるお酒でした。
 


『風の盆』と言う名前の由来は、おわら風の盆(おわらかぜのぼん)と言う、富山県富山市八尾で毎年9月1日から3日にかけて行なわれている祭りようです。


『風の盆』   コシヒカリの有機米を100%使用です。

category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

富士宮やきそば風スナック 

 

富士宮やきそば風スナックを見つけました。


“メイプロイのイエローカレーペースト”を探しに、輸入食品スーパーへ行った時見つけました。
富士宮やきそば学会』承認となっています。
この類のスナックには、“チキンラーメンのピーナッツ入り”があります。
この製品は、富士宮やきそばの味を出そうと色々苦心しています。
豆に青海苔をつけてあると共に、麺にも青海苔とダシ粉の味がします。



『富士宮やきそば風スナック』  ¥89円



category: 珍味 調味料

tb: 0   cm: 0

△top

チャオのあんかけスパゲティ(キャベツベーコン)  

 

今日のランチはチャオのあんかけスパゲティのキャベツベーコンです。


今日は“仕事納め”今年最後のランチになります。
昨日は、陳麻屋の“坦坦麺”を食べたので、角丸の“味噌煮込み”にしようかと思いま
したが、中日ビル方面に用事があったので、済ませてから、久しぶりに『チャオ』へいく
事としました。
12時20分頃到着しましたが、15人ほど並んでいました。5分ほどで入れました。

注文は『キャベツベーコン』のジャンボ。



キャベツベーコン』  キャベツとベーコンの炒めたものに鰹節がのっています。
               キャベツは軽く炒めた感じで実にオカカと会います。
               私は、これに胡椒パルメザンチーズをかけます。¥800円




category: ランチ

tb: 0   cm: 0

△top

静岡おでん黒スープ 

 

静岡おでん黒スープを紹介します。



友達から、スーパーで『静岡おでん黒スープ』が売っているよとの一言で、探してみました。
なかなか見つからず、スーパーの店員に聞いた所、見つかりました。
そばつゆ、ふりかけ等を売っている地元の食品会社製でした。
値段は、¥110円と非常に安いものでした。

早速作ってみました。一袋で水900mlで薄めるとの事。
『しぞーかおでん』ではお約束のダシ粉と青海苔も付いていました。





静岡おでん黒スープ』  ¥110円

〝静岡おでんの特徴!牛すじベースの黒スープだら~!
  具にかけた風味のかやくの香りがたまらない!
    ちょっと食べてみてごぉ~!しぞ~かおでん!
  

と静岡弁のキャッチフレーズ付です。






しぞ~かおでん』の完成です。  簡単に出来ます!



category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

居酒屋『信州おらがそば』 

 

居酒屋『信州おらがそば』を紹介します。


居酒屋『信州おらがそば』は名古屋駅テルミナ1Fのバスターミナルの隣りにあります。
信州の“おそばやさん”ですが、夜は居酒屋です。
信州おらがそば』と言うだけあって、お酒は“真澄”です。
JRに近い事から、ちょっと立ち寄るには、良い所です。
今日は、久しぶりに寄ってみました。
この店は、『杵屋』のチェーン店で、ざるそばも大盛り¥560円と非常にリーズナブルです。
つまみは、串揚げ、おでん等色々あります。



『熱燗と串揚げ』  熱燗は、“正一合” ¥330円  串揚げは、1本¥110円
            左から、玉葱、しし唐、しいたけ、えび、鳥です。




『ハムかつ』    ¥250円





『湯豆腐』   そばつゆの湯豆腐おいしいです!(食いかけです。)




category: 居酒屋

tb: 0   cm: 0

△top

イエローカレー(タイカレー) 

 

イエローカレー(タイカレー)を作りました。


わが家で最初にイエローカレーを作った時、評判はイマイチでしたが、だんだんはまった様で
最近リクエストが多くなりました。
ところが、いつも使っている、『メープロイのイエローカレーペースト』が最近スーパーに置いて
ありません!

となりの町のスーパーまで探しに行きましたが、レッドカレー、グリーンカレーはありましたが、
やっぱり『イエローカレー』はありませんでした。
無いと“無いものねだり”で何とか探したくなります。
インターネットで探した所、ありました。輸入食品スーパーでしかも近所ではありませんか!
早速、店に行った所、目当ての『メープロイのイエローカレーペースト 50g』は売り切れでしたが、
400g入りがおいてありました。2個買おうか迷いましたが、1個にしました。8回分で¥351円
久しぶりに、『イエローカレー』を作ることが出来ました。


イエローカレーの材料』  左奥から時計回りで、イエローカレーペースト、ココナッツミルク、
ナンプラー、鶏肉(手羽先)、じゃがいも、フレッシュパインナップル。



イエローカレー』  一度食べたら“絶対”はまります!






category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)の坦坦麺 

 

想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)の坦坦麺を食べました。


『想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)』は中村区名駅の三井ビル北館『小鬼來了(シャオグイライラ)』
で人気の“坦坦麺”を専門に提供する店です。

東桜の『陳麻屋』で“坦坦麺”フリークになった私としては、是非食べてみなくてはと、行って来ました。

名駅からエスカのエスカレータを降り、右奥にこの『想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)』
はあります。
20名ほどでいっぱいになるこじんまりとした店ですが、カウンター席もあり、一人でも入り
易い店です。
汁有り、汁無しの坦坦麺があり、汁無し坦坦麺が評判のようです!
初めてなので、オーソドックスな汁有り坦坦麺の両方のせ(ひき肉と漬け物)をたのみました。
漬け物とはヤーツァイという、四川省特産の青菜の芽の漬け物だそうです。

注文して、直ぐに汁有り坦坦麺の両方のせが出てきました。麺をたのむと、ライスは無料で付いてきます。

まずは、スープを飲みました。八角の香り?(香港の町で匂った)がしました。
麺は、細麺の硬めのたまご麺です。麺は細麺で硬め。『糖朝の蝦ワンタンメン』は更に細めで、硬めですが・・・・・・
あっという間に完食。
スープが残っているため、ライスをおかわり。(おかわりは何杯でもOKのようです。)
ライスにスープを混ぜながらスープを全て完食。

テーブルには、“黒酢とラー油”が置いてありお好みで入れる事が可能です。
ちなみに、“黒酢”を入れるとまろやかに!辛さを増したければ、“ラー油”との事です。

次回は、是非『汁無し坦坦麺』を食べようと思います。



『想吃担担面(シャンツーダンダンミェン)の坦坦麺』  両方のせで¥900円



『サービスチケット』  会計時にいただきました。




category: 担担麺

tb: 0   cm: 0

△top