紺のれんの味噌チャーシュー麺 

 

 本日のランチは紺のれんです。

 

 

 

 

 

今日は朝から雨で、お昼には止みましたが、傘を持ってのランチで

す。

 

 

 

紺のれん”は“JR東静岡駅”南側を走る“南幹線”沿いにある

ラーメン屋さんです。

今日は久しぶりに行って見ました。

このお店は、偶然でしょうかスタッフが全員女性でした。

 

今日は、“味噌チャ−シュー麺”と一口ごはんにしました。

厚めのチャーシューが5枚程入っていました。

これにバターをトッピングすれば更に美味しくなるな考えながらい

ただきました。

 

 

 

 

紺のれん

 

 

 

味噌チャーシュー麺』 ラーメン ¥850、一口ごはん ¥50でした。

 

 

 

 

 

category: ランチ

tb: 0   cm: 0

△top

SHANGHAI (4日目) 

 

上海へ行って来ました。(4日目)9月27日

 

 

 

 

 

 

いよいよ、明日は帰る日です。

 

夜は、“南京東路”近くのマッサージ店『桃源郷』へ行きました。

このお店は、オーナーが日本人だそうで、フットマッサージ60分

で88元(1,200円程度)で非常にリーズナブルなお店と言う事で

行ってみました。

 

スタッフは全員日本語を話せるようで違和感なくマッサージをして

もらいました。

このお店のお客の80%は日本人だそうです。

すっかり、疲れもとれホテルに帰って一休みです。

 

 


 

 

本日の夕食は、ホテル近くの『味千拉麵』へ。

このお店は、元々熊本が本拠のお店で、日本全国、世界各地にたく

さんの支店があります。

特に、中国には何百軒とあるようです。

 

まずは、ビールと餃子を注文し拉麵は後で注文する事にしました。

ビールはアサヒの“スーパードラ”。ライセンス生産ですが、日本の

とはちょっと違うようです。

 

餃子は、違和感なく食べれました。でもたれのお酢がありませんで

した。中国ではお酢は入れないのでしょうか?

 

麺は、『担担麺』にしました。

久しぶりに拉麵を食べた感じです。

 

こちらの麺は、全体にスープがかなり薄味で少しもの足りません。

 

料金は、2人で80元(1,100円)でした。

 

 

 

 

 

 

ビール』            『餃子

 

 

 

 

 

担担麺

 

 

 

 

 

 

 



 

9月27日(日)

 

 

 

朝、10時30分にホテルのロビーを出発です。

10時にチェックアウトを済ませ、迎えを待ちます。

途中、ホテルへ人を拾いながら出発地の『上海虹橋空港』へ。

 

出発は13時50分の全日空と上海航空、中国国際航空の共同運行便で

す。

 

 

 

虹橋空港出発便  チャーター便だけなので結構寂しい。

 

 

 

機内食』 飲み物は白ワイン。この機内食はかなり美味しい!

 

 

 

 

 

 

 

category: 上海旅行

tb: 0   cm: 0

△top

SHANGHAI (3日目) 

 

上海へ行って来ました。(3日目)9月26日

 

 

 

 

 

 

本日は、東方明珠塔、金茂大厦等の高層ビルの建つ“浦東(プート

)”へ行く事にしました。

どちらの展望台も入場が150元と2,100円近くするため、高さが46

8mある“東方明珠塔”へ登る事にしました。

登るにあたって、セキュティチェックが厳しく、水(ミネルウォー

ター)も持って行けません!

来年5月から始まる“上海万博”のためでしょうか?

 

263mにある中球までエレベーターで1分程で登ってしまいます。

一番上の上球は地上高350mあります。

333mある東京タワーのてっぺんより高い。

 

 

金茂大厦の隣に出来た、“上海環球金融中心”は日本の森ビルが手が

たビルで“上海ヒルズ”と言われ、高さ492mは世界第2位の高さだ

うです。

 

 

 

 

 

東方明珠塔』        金茂大厦と上海環球金融中心

  

 

 

 

 

 

豫園』  入口は非常ににぎやかですが中へ入れば静かです。

 

 

 

 

 

 


 

 

昼食は“豫園”の入口にある、小籠包の“南翔饅頭店”へ行こうとしまし

たが、超満員で入れそうもありません!

やむなく、“豫園”を出た所にある『デンタイフォン』へ行く事にしま

した。

デンタイフォン』は台湾を拠点としたお店で日本にも支店があり

ます。

 

やっと、スープたっぷりの小籠包を食べる事が出来ました。

お店も、綺麗だし、スタッフも良いので気分よく食事が出来まし

た。

 

 

デンタイフォン豫園店』  20分程で入れました。

 

 

 

 

   ハイネケン』        『空芯菜の炒め物

     

 

 

 

   『蒸し鶏の老酒漬け』      『キュウリ

     

 

 

 『小籠包

 

 

 

海老焼売』 海老で蓋をしてあります。下はスープがたっぷり!

 

 

 

青菜の餃子』  青菜がたっぷりの餃子でした。

 

 

 

海老炒飯』 大きな海老がたっぷりで味はあっさりしています。

       美味!

 

 

 

 

 

 

category: 上海旅行

tb: 0   cm: 0

△top

SHANGHAI (2日目) 

 

上海へ行って来ました。(2日目)9月25日

 

 

 

 

 

 

本日は、新幹線に乗って蘇州へ行く事としました。

日本で現地の旅行会社に“日帰りツアー”を予約しておきました。

ホテルからタクシーで“上海駅”へ向かいましたが、案の定渋滞で列車

の時間に間に合うか心配しましたが何とか間に合いました。

 

 

 

 

上海駅』  結構近代的な大きな駅でした。

 

 

 

 

新幹線』  日本の技術協力で出来たそうです。

       車内では、大きな声で携帯電話。

       日本では考えられない光景です。

       いつの間にか、239km出ていました。

 

 


虎丘』  蘇州は美人が多いとガイドさんが・・・・・

      

蘇州の美女』              『虎丘の斜塔

 

 


蘇州料理の昼食』 スープ、ちんげん菜の炒め物、おこげ、心太

          のような辛口の汁物、蘇州の魚料理、豚肉と

          タマネギの炒め物、炒飯等。

          ビールは青島ビール。

 

 

 

     

            

      

青島ビール』           『蘇州料理

 

 

 


留園』  さすが“世界文化遺産”。綺麗な庭でした。

 

 

  『留園の蓮の花』          『留園

 

 

 


ここでガイドさんともお別れ。上海駅到着からは自分で帰らなけれ

ばなりません!

そのまま、市内へ“蘇州麺”を食べに行く事にしました。

地下鉄、初体験で・・・・

 

 

蘇州駅』  これで蘇州ともお別れです。

 

 

 

 

 


夕食は“蘇州麺”を食べに行く事にしました。

行き先は“滄浪亭”です。

今日は金曜日のため、地下鉄は異常な混み方です。

特に、乗り換えの“人民広場”駅は東京の比ではありません!

なんと人の多い事か・・・

何とか“南京東路”駅に到着。こおいう混雑した場所でガイドブックを

見るのは物騒ですのでこっそり見ながら“滄浪亭”へ到着しました。

 

店の前でうろうろしていると隣のお店に引っ張られ入る事にしました。

青島ビール、小籠包、麻婆豆腐等をたのみました。

 

 

 

この後、“蘇州麺”を食べに“滄浪亭”へ入りましたが、注文を取りに来

ません。

このお店は先にお金を払い、レシートを調理場へ持って行き料理を

受け取るシステムです。

醤油の麺にもも肉のチャーシューののった麺にしました。

蘇州麺”は日本で言うラーメンの麺とは違ってどちらかと言うと、そ

うめんと日本そばのあいのこのような食感と味のストレート麺です。

 

 

 

 

 

滄浪亭』 南京東路駅近くです。先に右隣のお店へ入りました。

 

 

 

 

麻婆豆腐』            『上海やきそば

 

 

 

 

 

『小籠包』           『春巻き』 

小籠包”はスープも入っていずガッカリでした。

 

 

 

 

 

 


 

 

滄浪亭』の醤油麺   16元で日本円で220円位です。

 

 

 

 

 

 

 

 

category: 上海旅行

tb: 0   cm: 0

△top

SHANGHAI (1日目) 

 

上海へ行って来ました。(1日目)9月24日

 

 

 

9月24日から27日まで“シルバーウィーク”を利用し“上海ガニ”を

食べに行って来ました。

 

 

今回は3泊4日のすべてがフリーのツアーで、羽田空港発、上海虹

橋空港行きのチャーター便です。

 

 

 

羽田空港』  天気もまずまずです。

 

 

 

 

 

24日午後に上海“虹橋空港”へ無事到着。

 

 

 

ホテルへ到着後、地下鉄の“南京東路”駅の近くの『成隆行蟹王府

言う上海ガニ料理店へ5時30分で予約を入れました。

この『成隆行蟹王府』は元々“香港”で上海ガニの仕入れを行う『成隆

』と言うお店が開いた飲食店だそうです。

成隆行蟹王府』へはタクシーで行けば、30分もあれば行ける

思いホテルを5時頃出発。ところが、大渋滞でなかなか到着しま

ん!

 

上海の渋滞の理由は、車、歩行者のマナーの悪さが原因だと思いま

す。

信号などほとんど守らず、信号が赤になってもどんどん突っ込んで

来て交差点を塞いでしまいます。

何とか、1時間遅れで『成隆行蟹王府』へ到着。

 

 

個室に案内されました。店内では、“二胡”生演奏が始まり非常に雰囲

気の良いお店でした。

 

早速、上海ガニの茹でた物を注文。

最初に、生の上海ガニを見せてくれ、茹でにかかります。

その間に、行く前に決めていた、お酒に漬けた“酔っ払いガニ”、“

腐のカニ味噌あんかけ”等を注文。

お酒もビールから“紹興酒”にチェンジ。

 

酔いも廻って、蟹身と味噌の入った担担麺、焼きそば、雑炊を注文

しました。

担担麺、焼きそばは大変おいしくお替わりしたい位でした。

 

 

 

成隆行蟹王府』 繁華街より一つ裏通りにあります。道行く人に

          聞いたら直ぐわかりました。

 

 

 

豆腐の蟹味噌あんかけ

 

 

 

酔っ払いガニ』 韓国のカンジャケジャンより全然美味しい!

            (カンジャケジャンはワタリガニです。)

 

 

 

蟹身とアスパラの炒め物』 塩味であっさりして美味しい!

 

 

 

上海ガニ』 茹でる前に見せてくれます。陽澄湖産のようです。

 

 

 

上海ガニ』  茹で上がりました。

 

 

 

上海ガニ』 お店の人が解体してくれました。味噌は最高です!

 

 

  

   『紹興酒』           『担担麺』

   

 

 

   『焼きそば』           『雑炊』

   

 

 

 

担担麺、焼きそば、雑炊は3人で分けて食べましたが、担担麺は一

人で食べたい程、絶品でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category: 上海旅行

tb: 0   cm: 0

△top

上海ガニ 

 

 22日、上海ガニの販売が始まったそうです。

 

 

 

今朝の“日経新聞”に『上海ガニ販売始まる』と掲載されていました。

 

上海ガニ”は現地では“大閘蟹(ダァヂャアシェ)”と言い“上海

ガニ”と言うのは日本だけのようです。

 

上海蟹の産地は、上海ではなくお隣の江蘇省だそうです。その中で

も上海との境に近い“陽澄湖(ヨウチョウコ)”という湖のものが最上

とされており、ほかには江蘇省最大の湖である“太湖”のものも有名だ

そうです。

 

間もなく日本へも輸出される予定と書いてありましたが、在来の野

生動植物保護のため外来種の輸入に大変神経を尖らせているため、

生きたものは日本では輸入禁止の対象になっているようです。

残念ながら、日本では既に茹でた?“上海ガニ”しか食べられないよう

です。

 

 


 

それなら、現地で生きた蟹を茹でた“上海ガニ”を食べてこようと思

ます。

上海ガニ”初体験ですので楽しみです。

 


 

 

 

上海ガニ

           写真は『SHANGHAI navi』HPからお借りしました。

       

 

 

 

category: 珍味 調味料

tb: 0   cm: 0

△top

赤みそ煮込みおでん 

 

 赤みそ煮込みおでんを作りました。

 

 

 

シルバーウィーク”も残り少しとなりました。

朝晩結構涼しくなり、鍋物が恋しくなります。

 

本を見ていたら名古屋で人気の“赤みそ煮込みおでん”が載っていて

作ってみる事にしました。

 

目標は、名古屋の居酒屋にある“とんちゃん風のおでん”です。

具は、大根、牛筋、もつ、卵、こんにゃく、厚揚げです。

赤ぼう(ピンク色した練り製品)は手に入らずあきらめました。

 

土鍋で、赤出しと赤みそをお酒と水で溶き具を入れました。砂糖も

ちょっと入れました。

赤出しは溶くと結構甘みが出て来ます。

載っていた本のようにもつとこんにゃくは串に刺してみました。

 

一晩煮込んだら、結構イメージどおりにできました。

 

 

 

 

赤みそ煮込みおでん』   名古屋の場末の居酒屋風にできました。

 

 

 

 

 

category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

夢天菓のケーキ 

 

 夢天菓のケーキを買って来ました。

 

 

 

 

夜中に久しぶりに雨が降ったようです。

日中は、曇り空ながらずいぶん過ごし易い陽気になりました。

 

 

 

 

買って来た“モンブラン”はタルト生地にさつま芋がのっていて、さつ

ま芋、栗の素材を生かし、今まで私が食べた“モンブラン”の中で一番

かも知れません!

 

チーズケーキ”はさくさくのタルト生地の中に、なめらかで甘さ控え

めのクリーミーなチーズが詰まっていました。

 

 

 

 

 

 

モンブランとチーズケーキ』  見映えは地味ですが、本当に美

                 味しいケーキです。

 

 

 

モンブラン』  タルト生地の中にさつま芋が見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

△top

アルプス乙女 

 

 アルプス乙女が色づき始めました。

 

 

 

 

今年の夏に近くの園芸店で見つけ、鉢植えの“アルプス乙女”を買って

来ました。

ここの所、朝晩涼しくなり葉っぱが散るとともに“アルプス乙女”が色

づいて来ました。

 

 

アルプス乙女”は“紅玉”と“ヒメリンゴ”の掛け合わせだと思っていま

したが最近種子親が“ふじ”で花粉親が“ヒメリンゴ”のようだと言われ

ています。

小さいリンゴですが結構美味しく食べれます。

 

 

来春は、“つがる”の受粉にも役立ってくれるでしょう!

 

 

 

 

 

アルプス乙女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

category: 小さな果樹園

tb: 0   cm: 0

△top

夢天菓のタルト 

 

 夢天菓のタルトを買って来ました。

 

 

 

夢天菓』は丸子の旧道のある洋菓子店です。

3軒隣の洋食屋さんの『エアーフラッシュ』で食事をし、デザートを

頼む場合は『夢天菓』へ行き選んでくると、持って来てくれます。

 

今日は、スーパーの買い物の帰りに寄ってみました。

みんな美味しそうなので、迷いますが中でも“苺のタルト”と“葡萄

タルト”を買って来ました。

 

ここのお菓子は、素材を活かし甘すぎないため男性ファンが多いそ

うです。

 

 

 

 

夢天菓のタルト

 

 

 

 

 

 

category: お菓子

tb: 0   cm: 0

△top