丸子の居酒屋“和笑居(わっしょい)” 

 

丸子の居酒屋“和笑居(わっしょい)”へ行ってきました。








“和笑居(わっしょい)”は4月末に丸子にオープンした居酒屋です。

開店時間が、6時の様で会社からまっすぐ帰ってくるとまだ開店していません。

今日は、近くのスーパーで時間調整し寄ってみました。

当然一番乗りで、先ずは生ビールを注文し、つまみを見繕いました。

メニューは沢山あり、迷いましたが、“冷や奴”、“焼鳥”、“揚げ物”を注文しました。

日本酒は、喜平の数量限定“特別純米生酒蔵出し生”がありましたが、どうも四合瓶の様です。

残したら持ち帰って下さいとの事でしたが、今日は諦めました。

代わりに、喜平“極純300ml”にしました。

ここのお店は、メニューが豊富で、おでん等もありましたので、今度食べて見ようと思います。






『和笑居(わっしょい)』
和笑居(わっしょい)



『フードメニュー』
おしながき



『ドリンクメニュー』
ドリンクメニュー



『生ビール』   メニューを見ていたら、泡が飛んでしまいました。
生ビール


『冷や奴』
冷や奴



『焼鳥』     ネギマ、つくね、レバーにしました。
焼鳥



『喜平蔵出し生』   チョット飲んでみたくなりましたが・・・・
喜平蔵出し生



『冷酒』       喜平の“極純”と言うお酒です。
冷酒



『揚げ物』    アジフライ、タマネギ、ジャガイモ、イカです。
揚げ物



『壁メニュー』  鯖の立田揚げ等もありました。
壁メニュー







category: 居酒屋

tb: 0   cm: 0

△top

“すがい”の博多らーめん 

 

“すがい”の博多らーめんを食べてきました。









“すがい”は、おでんの“こばやし”の近くにある“博多らーめん”のお店です。

いつも近くを通り、気になっていたお店です。

今日寄ってみましたが、開店は18:00からの様です。

入口に“券売機”があります。

メニューは、博多らーめんの他、アルコール、餃子、おつまみ、丼類もあります。

今日は、“とんこつらーめん”¥690を注文しました。

暫くして、“とんこつらーめん”が出てきました。

テーブルにある、すりごまと紅ショウガをトッピングしました。

麺は、結構硬めで好みでした。

スープも全く臭みもなく、完食です。

らーめんとセットなら、“まぐろ丼”、“チャーシュー丼”が+¥200で食べれるようで、殆どの人が注文していました。

次回は、注文してみようと思います。







『すがい』
すがい



『券売機』
券売機



『らーめんメニュー』    らーめんと丼があります。
らーめんメニュー



『アルコールメニュー』   ビール、ハイボール、餃子もありました。
アルコールメニュー



『とんこつらーめん』   チョット高めの¥690でした。
とんこつらーめん






category: ラーメン

tb: 0   cm: 0

△top

ゴーヤの醤油炒め 

 

ゴーヤの醤油炒めを作りました。







知り合いから、ゴーヤをいただきました。

今年初めての“ゴーヤ”は、以前、“多可能”で教わった、“ゴーヤの醤油炒め”にしました。

作り方は、簡単でゴーヤを半分に切り、スプーンで綿をとり、大きめ(3cm角位?)にざっくり切ります。

フライパンに油をしき、強火でサッと炒め、最後に醤油をまわしがけし、最後に鰹節をかけて完成です。

お酒のつまみ、おかづにもなります。







『ゴーヤ』   大きなゴーヤを3本いただきました。
ゴーヤ



『ゴーヤ炒め』    強火でサッと炒めるのがコツでしょうか!
ゴーヤ炒め



category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

一幸鮨の鰹の刺身 

 

本日の晩酌は、丸子の“一幸鮨”です。






今日も一日蒸し暑い一日でした。

今日は、“一幸鮨”で晩酌です。

先ずは、生ビールと鰹の刺身をお願いしました。

生ビールの後は、久しぶりに焼酎の水割りにしました。

お鮨は、つまみに鉄火巻きとイクラ巻きを作ってもらいました。

このイクラ巻きは中々いけます。





『一幸鮨』
一幸鮨



『生ビール』
生ビール



『海つぼ』    実が本当に柔らかい!
海つぼ



『鰹の刺身』    脂がのっていました。
鰹の刺身



『芋焼酎』    普段はあまり焼酎は飲まないのですが・・・
芋焼酎水割り



『サラ中』
サラ中



『まぐろの煮魚』
まぐろの煮魚



『鉄火巻きとイクラ巻き』
鉄火とイクラ巻き






category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

志ほ川の“夏の天せいろ” 

 

本日の晩酌は、駅南の“志ほ川そば店”です。








今日は、気温も上がりムッとした一日でした。

夕方になっても、蒸し暑さは変わらず、歩いているだけで汗が噴き出します。

今日は、先日食べれなかった、“夏の天せいろ”を食べに“志ほ川”へ向かいました。

先ずは、ビールを注文しました。

アルコールには、“山菜”または“柿の種”が付きます。

今日は、山菜”をお願いしました。

もう一品は、“川エビの唐揚げ”にしました。

お酒に切り替えたタイミングで、“夏の天せいろ”を作ってもらいました。

“夏の天せいろ”には、稚鮎と鱧の天ぷらが2個づつ付いています。

ひとつは、“抹茶塩”でいただきました。

鱧の天ぷらは初めてでしたが、ふわふわで美味しい天ぷらでした。








『志ほ川そば店』
志ほ川



『ビールとおつまみ』
ビール



『夏の天せいろメニュー』
夏の天せいろメニュー



『川エビの唐揚げ』    ¥300でした。
川エビの唐揚げ



『志太泉』   1合瓶です。
志太泉



『夏の天せいろ』    稚鮎と鱧の天ぷらが付いています。
夏の天せいろ



『窓の景色』    ビルの間に、青空が見えました。
窓



『夕陽』   安倍川駅で。空には不安定そうな雲が・・・
安倍川駅夕陽








category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

“ととすけ”のととすけ揚げ 

 

清水“河岸の市”の“ととすけ”に行ってきました。







今日は、清水での用事を済ませ、午後4時過ぎに“河岸の市”へ向かいました。

“まぐろ館”の2階にある、“清水港食堂”へ行こうとしましたが、丁度閉店した所の様です。

2階のお店を見て廻り、¥1,200の“黒海鮮丼”が¥1,000で良いよ!との事で、ここ“ととすけ”と言うお店に入りました。

ここのお店は、定食類には、“ととすけ揚げ”と言う、まぐろのカマを揚げて、甘じょっぱく味を付けた物があります。

丁度、名古屋の手羽先の様な味付けで、中々美味しい!

注文は、日替りの“黒海鮮丼”とイクラ、まぐろ、ネギトロののった“赤の他人丼”にしました。

“赤の他人丼”は、イクラもタップリのっていて、¥1,500と言う値段では中々他では食べられないと思います。

次回もこのお店に、入りそうです。

次回は、“まぐろトロ三昧定食”を狙っています。








『まぐろ館入口』     入口の沢山のメニューに迷ってしまいます。
まぐろ館



『魚市場食堂』    今日は、早々と閉店でした。
魚市場食堂閉店



『ととすけ』
ととすけ




『黒海鮮丼サンプル』
黒海鮮丼店頭



『清水港一望』    目の前に清水港が見えます。
清水港



『店内の様子』
店内



『丼メニュー』
丼メニュー



『定食メニュー』   次回は、刺身定食にしましょうか!
定食メニュー



『刺身メニュー』    一杯飲みたくなります。
刺身メニュー



『名物メニュー』   生シラス、生桜海老、桜海老かき揚げ等がありました。  
生シラスと生桜海老メニュー



『ととすけ揚げ』    手羽先を食べている様です。
ととすけ揚げ



『赤の他人丼』    イクラがたっぷりのっていました。
赤の他人丼



『黒海鮮丼』   店頭では、¥1,200でしたが、¥1,000で良いよと言う事で安くなりました。
黒海鮮丼






category: 未分類

tb: 0   cm: 0

△top

“ポンポン”の日光浴 

 

先週に続き、“ポンポン(すっぽん)”の日光浴をしました。







今日は、陽が強く、別の水槽に入れ“日光浴”させている間に、水槽の掃除をしました。

甲羅の皮膚病も、大分良さそうです。

これからも、時々“日光浴”してやろうと思います。

体長の測定をしましたが、前回の3月から4ヶ月程経過していますが、大きくなっていませんでした。

また、しばらく水槽のヒーターも外しておこうと思います。







『日光浴』    あまりの暑さに、30分程で屋内に入れてやりました。
ポンポン日光浴



『体長測定』    思った程大きくなっていませんでした。
ポンポン測定



『ポンポン』    綺麗になった水槽で気持ち良さそうです。
ポンポン水槽



category: スッポン

tb: 0   cm: 0

△top

らーめん矢吹本店の“魚介豚骨醤油” 

 

らーめん矢吹本店の“魚介豚骨醤油”を食べてきました。






“らーめん矢吹”の名前は良く聞くのですが、行った事はありませんでした。

“らーめん矢吹本店”は、いつも晩酌をする、静岡駅前周辺の目と鼻の先にありました。

“多可能”から100mも無い距離の“中島屋グランドホテル”の前にあります。

お店の入口に“券売機”があるとの事で、あらかじめ今日は、“魚介豚骨醤油”にしようと決めておきました。

空いていたため、テーブル席でも良いですよ!と店員の方に言われましたが、5人程座れるカウンター席へ。

5分程で出て来たらーめんは、スープは魚介の出汁がよく出ていました。

麺は、中太のストレートで硬めでコシがあります。

チャーシューはトロトロで美味しい!

次回は、塩豚骨にしてみましょうか!







『らーめん矢吹本店』
矢吹



『券売機』
券売機



『テーブルメニュー』   替え玉は細麺との事ですが、普通の豚骨ラーメンが細麺なのでしょうか?
矢吹テーブルメニュー



『魚介豚骨醤油』    ¥800でした。
魚介豚骨






category: ラーメン

tb: 0   cm: 0

△top

多可能の“すき身” 

 

本日の晩酌は、“多可能”です。






“多可能”は先週“盆休み”でした。

今日は、休み前の金曜日ですので混んでいるなと思った通り、席が無くテーブル席に相席です。

お酒は、いつもの“萩錦辛口”の常温で、つまみは、“すき身”と“揚げだし豆腐”を注文しました。

“すき身”は日によって善し悪しがあるのですが、今日の“すき身”は脂ものって中々美味しい“すき身”でした。






『多可能』
多可能



『萩錦とお通し』
萩錦とお通し



『すき身』   醤油をかけ、わさびも混ぜていただきます。
すき身



『揚げだし豆腐』   揚げだし豆腐が4個とナス、カボチャ、シイタケの天ぷらが入っています。
揚げだし豆腐





category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

一幸鮨の“いなり寿司” 

 

本日の晩酌は、丸子の“一幸鮨”です。









本日は朝から雨でしたが、午後から上がり、蒸し蒸しした一日でした。

今日は、久しぶりに丸子の“一幸鮨”に寄ってみました。

入口に、“いなり寿司”のメニューがあり、最近はじめた様です。

先ずは、生ビールをいただき、ケースの中に大きな“赤貝”を見つけ、刺身盛り合わせをお願いしました。

今日は、テレビ番組の収録で、“まいうー”の石塚さんが来た様です。

お酒のおかわりは、“冷酒”をいただきました。

最後に“いなり寿司”をいただき、締めました。

“いなり寿司”はイメージ通りで、ふんわりとした美味しい“いなり寿司”でした。






『一幸鮨』
一幸鮨



『いなり寿司のメニュー』
いなり寿司メニュー



『石ちゃんの色紙』   今日来たばかりの様です。
石ちゃん色紙



『生ビールとつぼ貝』   大きなつぼ貝でした。
生ビールとツブ貝



『赤貝』     ケースの中に大きな“赤貝”を見つけましたが、これで中位だそうです。
赤貝



『刺身盛り合わせ』
刺盛



『冷酒』 浜北の“花の舞”です。
冷酒



『鉄火とかんぴょう』
鉄火とかんぴょう



『鯵』
鯵



『イクラとウニ』
イクラとウニ



『いなり寿司』   ふんわりとした美味しい“いなり寿司”でした。
いなり寿司







category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top