一幸鮨の“1,000円ランチ” 

 

一幸鮨の“1,000円ランチ”を食べてきました。










一幸鮨のランチは、毎日やっています。

ランチには、サラダ、みそ汁、デザートが付きます。

値段は、当初850円のみでしたが、最近は850円、1,000円、1,200円、1,350円と4種類あります。

中身の違いは、ネタの違いとの事です。

普段は、850円を注文するのですが、今日は試しに1,000円のランチを注文してみました。

今日は、美味しい“しめ鯖”があるとの事で、“しめ鯖”を入れてくれました。

一目で、グレードアップしているのがわかりました。

こうなると、1,200円、1,350円も試してみたくなりました。







『玄関の立て看板』
玄関立て看板



『1,000円ランチメニュー』   これは、にぎりの写真入りメニューです。
1,000円ランチメニュー



『店内貼紙』
店内貼紙



『1,000円チラシランチ』
1,000円チラシランチ






category: ランチ

tb: 0   cm: 0

△top

“のっぽ”のラスク 

 

“のっぽ”のラスクを買ってきました。








コーヒーを買いに、立ち寄ったコンビニで“のっぽ”のラスクを見つけ買ってきました。

“のっぽ”と言えば、静岡では知らない人はいないでは無いかと思う程、有名な菓子パンです。

長さが、34cm程ある菓子パンでキリンの絵が目印です。

この“のっぽ”を3〜4cm程に切ってラスクにしてあります。

菓子パンの“のっぽ”をそのままラスクにした商品もある様です。

今日買った、“のっぽ”のラスクは¥398とチョット高めですが、“のっぽ”が何本分入っているのでしょうか?

味はと言うと、サッパリとした普通に美味しく、後を引きます。







『のっぽラスク発見』  思わず買ってしまいました。
コンビニ陳列



『のっぽラスク表面』
のっぽラスク表



『のっぽラスク裏面』
のっぽラスク裏面



『のっぽラスク』   食べだすと後を引きます。
のっぽラスク






category: お菓子

tb: 0   cm: 0

△top

栗の木を植えました。 

 

山に“栗の木”を植えました。










真竹を伐採し、綺麗になった山に“栗の木”を植えました。

先日、近くの園芸店で“石鎚”と言う、“栗の木”を買ってきました。

色々、調べてみると“受粉木”が必要の様です。

その後、園芸店で“秋峰”と言う種類を買ってきました。

先週、山に植えてきました。

今日、またホームセンターで“丹沢”と言う種類の栗の木を見つけ、買ってきました。

早速、山へ植えてきました。

栗の木は、早ければ2〜3年で実を付けるとの事で楽しみです。







『石鎚』
石鎚



『秋峰』
秋峰



『石鎚と秋峰』 手前が石鎚、奥が秋峰。
石鎚と秋峰



『丹沢1』
丹沢縦



『丹沢2』
丹沢横







category: 小さな果樹園

tb: 0   cm: 0

△top

広島の日本酒“相原酒造”と“小野酒造” 

 

広島土産に日本酒をいただきました。








2本いただき、1本は“相原酒造”の純米吟醸酒です。

日本酒度は、+5度で辛口です。

もう1本は、“小野酒造”の辛口純米酒です。

こちらは、日本酒度+7度で大辛口でした。

両方共、お土産用のパッケージでしょうか?

竹の皮で、装飾されています。

今日は、“小野酒造”の辛口純米酒をいただきました。

一口飲むと、直に辛口とわかる味ですが、飲み口はスッキリしています。









『相原酒造と小野酒造』
相原酒造と小野酒造



『相原酒造表書き』  ここの蔵は、“雨後の月”と言う有名なお酒があります。
相原酒造表書き



『相原酒造裏書き』
相原酒造裏書き



『小野酒造表書き』
小野酒造表書き



『小野酒造裏書き』
小野酒造裏書き



『小野酒造試飲』
小野酒造試飲






category: 日本酒

tb: 0   cm: 0

△top

多可能で晩酌 

 

本日の晩酌は、“多可能”です。









4月のもう少しで終わりです。

早いもので、今週末から“ゴールデンウィーク”です。

“ゴールデンウィーク”は例年通り、特に予定はなく山仕事、畑仕事をしようと思っています。

“ANA SFC”の旅行は、5月8日から1泊2日で沖縄に行ってこようと思っています。

“多可能”のお休みは、4月29日〜5月5日までの様です。


今日の晩酌は、いつもの萩錦常温とおでん、ゲソ揚げにしました。







『多可能』
多可能



『萩錦とお通し』  お通しは、枝豆と筍の煮物でした。
萩錦とお通し



『おでん』  牛スジ、ジャガイモ、糸こんです。
おでん



『ゲソ揚げ』
ゲソ揚げ








category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

ふきの煮物 

 

ふきの煮物を作りました。










昨日、タケノコ狩りに行った時に、穫って来た“ふき”。

今日、手を真っ黒にし、スジ取りをしました。

フライパンに油をしき、軽く炒め、水、出汁、お酒、砂糖少々、醤油、輪切り唐辛子を入れ煮ます。

最後に、器に盛り七味をかけます。

お酒のつまみには最高の春の香りです。







『タケノコ山』   結構急で、雨の後で滑って大変でした。
タケノコ山



『タケノコ』   足場が悪く、上手に掘れませんでした。
タケノコ



『茹で上げ』   かまどを借りて茹でます。
タケノコ茹で上げ



『茹でタケノコ』    茹で上がったら、水にさらします。
ゆでタケノコ



『ふき』   タケノコを茹でている間に、沢で“ふき”を穫ってきました。
ふき



『ふきのすじ取り』   手を灰汁で真っ黒にしながら“スジ”を取ります。
フキのすじ取り



『ふきの煮物』   フライパンに油をしき軽く炒めて、煮ます。
フキの煮物



『完成』   弱火で煮詰め完成です。
完成






category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

アジアンチキンライス 

 

“アジアンチキンライス”を作ってみました。








最近、スーパーで良く見かける、“「Cook Do」の アジアン鶏飯(チキンライス)”。

もらえる・ためせるの“モラタメ”で見つけ、送って貰いました。

早速、作ってみる事としましたが、口コミで味が濃いので、一袋2合となっているが、3合でも大丈夫との事で、3合で作る事にしました。

また、鶏もも肉は、切って炊飯器に入れる様になっていますが、一工夫で、ニンニクとオリーブオイルで焼いてから入れると良いとの事で、同じ様にやってみました。

生姜の香りの、美味しいチキンライスが完成しました。

“チキンライス”と言えば、シンガポールですが、自宅で簡単に美味しい本格的な“チキンライス”が出来るのはうれしい限りです。







『「Cook Do」の アジアン鶏飯(チキンライス)』
アジアンチキンライス



『チキン炒め』   ニンニクは、オリーブオイルに香り付けした後は、取り出しました。
チキン炒め



『炊飯準備』  チキンはお米の上に乗せます。
炊飯準備



『炊きあがり』    美味しそうに炊きあがりました。
チキンライス炊きあがり



『盛り付け』   パッケージの写真の様に、トマト等の野菜を乗せればもっと美味しいそうでした。
チキンライス盛り付け





category: 男の料理

tb: 0   cm: 0

△top

一幸鮨の“煮あなご” 

 

本日の晩酌は、丸子の“一幸鮨”です。










今朝は、スッキリしないものの久しぶりに富士山が見えました。

今日は、“一幸鮨”で晩酌です。

お店に入った所、丁度“あなご”が煮えた様です。

“煮あなご”と“すきみ”をつまみにお願いしました。

私の好きな“煮あなご”の食べ方は、甘いたれのついたトロトロのあなごにタップリのわさびをつけていただきます。

“すきみ”は海苔で巻いて、“すきみ巻き”にしてもらいました。

こうすると、海苔の良い香りが楽しめます。

久しぶりに、“腹一杯”いただきました。






『今日の富士山』
富士山



『一幸鮨』
一幸鮨



『瓶ビール』
瓶ビール



『煮あなご』
穴子煮



『海つぼとホタルイカ』
ほたると海つぼ



『煮あなごつまみ』
穴子煮つまみ



『すきみ盛り』
すきみ盛



『ウイスキー水割り』
ウイスキー水割り



『イクラ巻き』
イクラ巻き



『まぐろ』
まぐろ



『タコ』
タコ



『海老玉とみそ汁』
エビ玉とみそ汁






category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

真ふぐの白子天 

 

本日の晩酌は、“多可能”です。










久しぶりの、“多可能”ですが、いつも向いながら、今日のつまみを考えます。

今日は、フライと“真鯛の白子天”にしようと考えました。

お店に入って、大皿料理を覗いてみると、“カレイの煮付け”がありました。

結局、“はんぺんフライとポテトフライ”と“真鯛の白子天”をお願いしました。

所が、“大大将”から、今日は“真ふぐの白子天”があるよとの事で、お願いしました。

“はんぺんフライとポテトフライ”を食べていると、ほどなく“真ふぐの白子天”が出てきました。

口に入れると、トロッと溶けて、日本酒に合うつまみです。









『多可能』   すっかり陽が長くなりました。
多可能



『萩錦辛口とお通し』
萩錦辛口とお通し



『はんぺんフライとポテトフライ』
はんぺんフライとポテトフライ



『真ふぐのの白子天』  初めて食べましたが、美味しい!
真ふぐのの白子天






category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top

鹿島屋の“春の山菜天ぷら” 

 

本日の晩酌は、葵区上石町の“鹿島屋”です。










今日は、用事で七間町へ行きました。

帰りは、普段は遠くて中々行けない“鹿島屋”に寄って見る事にしました。

“鹿島屋”のある、上石町は本通りに近い場所で駅から歩くと結構な距離です。

ここのお店は、かつおの刺身で有名です。

今日は、日本酒を飲もうととりあえず“グラスビール”を貰いました。

つまみは、“春の山菜天ぷら”と“和牛の串焼”を注文し、日本酒は先ずは岡部の“初亀”です。

お酒は、ガラスの徳利に入れてくれます。

追加は、清水の“臥龍梅”と“かつおのあら煮”にしました。

ここのお店は、お値段はチョット高めですが、たまには行ってみたいお店です。








『鹿島屋』
鹿島屋



『本日のおすすめメニュー』
本日のお薦め



『ドリンクメニュー』
ドリンクメニュー



『グラスビールとお通し』
お通しの生シラスとグラスビール



『日本酒の壁メニュー』
日本酒の壁メニュー



『春の山菜天ぷら』   こしあぶら、たらの芽、こごみ、うど、しょうがの天ぷらで荒塩でいただきました。
春の山菜天ぷら



『冷酒』    先ずは、“初亀”、おかわりは、“臥龍梅”です。
日本酒初亀



『和牛串焼』
牛串やき



『かつおのあら煮』   味は濃いめですが、新鮮な“あら煮”でした。
かつおのあら煮






category: 本日の晩酌

tb: 0   cm: 0

△top